ファーム十勝のブログ

北海道・十勝の小麦粉を中心とした食品通販サイト「ファーム十勝」のブログです。

キタノカオリ物語 Part.1

f:id:farmtokachi:20190920170232j:plain

キタノカオリ物語1

「小麦品種キタノカオリとは?」

キタノカオリは2003年に優良品種に登録された北海道産のパン用秋まき小麦です。

カオリというネーミングからもわかるように焼き上がりの香りが良く、甘みもあり、他の粉よりも黄色みがかったクラムも美しく人気の高い小麦粉です。

栽培が始まってから15年以上経過していますが有名リテールベーカリーだけではなく、家庭製パンのお客様からも根強い人気があります。

 

「キタノカオリはなぜ増えないか?」


人気がある一方で小麦生産者は苦労をしています。

それは、キタノカオリが雨に弱く「穂発芽」というリスクを抱えているからです。

 

穂発芽とは収穫直前に雨に当たった穂から芽が出てしまうことで、酵素活性が高くなり、でんぷんの分解が進んでパン用小麦粉としての商品価値が無くなってしまいます。

地球温暖化の影響なのか「梅雨のないはずの北海道」でも近年では「蝦夷梅雨」という言葉も耳にするようになり、台風の上陸なども重なり北海道の農業は気候的に厳しい状況にあります。
このような状況でキタノカオリの作付けは年々減少しており、需要(パン屋さん)と供給(生産者)のバランスが崩れてきています。

昨年あたりから一部の製粉会社ではキタノカオリの販売を終了しており、この傾向は今後も続くことが予想されます。

 

弊社は小麦生産者グループ「チホク会」と直接栽培契約を結んでいるためわずかながら栽培面積を増やしています。

しかし、多くのお客様のご要望にはお応えできない状況ですが、苦労をしてでもお客様の声に応えたいという熱意ある生産者と共にこれからも歩み続けていきます。

 

キタノカオリはネットショップ「ファーム十勝」で購入できます。

キタノカオリの購入はこちら

 

キタノカオリ物語 Part.2

キタノカオリ物語 Part.3